FC2ブログ

2019-11

SDGs

SDGsとは
私たちの世界を新しく変える!;持続可能な開発のための2030アジェンダ(検討課題)
    ~水とみどり いのち豊かな美しい地球が つづく世代に残るように~

 20世紀に入り、私たちはより豊かな生活を求め産業、経済、医学等の発展に邁進してきました。その結果、資源の大量消費による環境汚染や、大気中の二酸化炭素の残留による気温の上昇など目に見える変化が顕著におこっています。
2015年9月ニューヨークの国連本部で193の加盟国により、地球に住むわたしたちが、持続不可能になりつつある今の世界を、みんなが幸せを感じられ平和で安心して生きていける世界にするために、2015年から2030年までにひとりひとりが課題として行動する17の目標と169のターゲットを持つ「持続可能な開発目標(SDGs)」が決議されました。

17のゴールは、今から創っていく未来を生きる、すべての時代のすべての人のための目標です。一つひとつの目標は、人間、豊かさ、地球、平和、パートナーシップ、(5つのP)の要素のいずれか1つ以上が密接に関係しています。

文書の前文には「このアジェンダは人間、地球、及び繁栄のための行動計画である」とあり
代表的なかけ声の一つである「No one will be left behind(誰一人取り残さない)」は目標への強い思いを表しています。

SDGs誕生の流れ
新しいミレニアムの始まりを目前にした2000年9月、147の国家元首をふくむ189の国際連合加盟国代表が、ニューヨークの国際連合本部に集まり、21世紀の国際社会の目標として「「国連ミレニアム宣言」を採択しました。この宣言は平和と安全、開発と貧困、環境、人権とグッドガバナンス(良い統治)、アフリカのニーズなどを課題として掲げ、21世紀の国連の役割に関する明確な方向性を示しました。開発目標を統合する共通の枠組みとして「ミレニアム開発目標MDGs」としてまとめ、2015年までに達成することが宣言されました。
2015年を迎え、一定の成果はあったものの、国や地域、性別や年齢、経済状況、文化背景などによって目標達成に格差がうまれ、2015年以降の新たな開発課題が注目を集めるようになりました。
この動きと呼応した2012年の「国連持続可能な開発会議(リオ会議)」で、人間を中心とした「持続可能な開発」の重要性をふまえ2015年以降の国連の開発アジェンダとして17の目標、169のターゲットを持つ「持続可能な開発目標(SDGs)」がまとめられました。

アフリカの子どもの日

アフリカの子どもの日とは

1976年、南アフリカのソウェトで、子どもたち数千人が通りに繰り出し、教育の質の向 上と自分たちの母国語で教育を受ける権利を主張する抗議活動を行いました。しかし運動に参加した子どもたちが銃撃を受けるなどして、抗議活動が続いた2週間の間に、100人以上が殺害され、1,000人以上が負傷する事態となりました。 教育のために立ち上がったこの多くの子ども たちのことを忘れないようにするために 1991年に制定されたのが、毎年6月16日の 「アフリカこどもの日」です。熊本県ユニセフ協会では1993年設立当初よりこの催しを行なっており、今年で27回目です。(参照:日本ユニセフ協会ホームページ)
今年のイベント(7月6日(土曜日)7日)(日曜日))に関しましては、熊本県ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

熊本地震・東日本大震災報告写真展

熊本地震・東日本大震災報告写真展
期日:2019年4月9日(火)~21日(日)
会場:熊本県県立美術館分館(千葉城町2-18)
主催:熊本県ユニセフ協会

熊本県ユニセフ協会・ユニセフ講演会

ユニセフ講演会
日時:2019年2月23日(土)
会場:熊本市立図書館ホール

(1)総会 13:30~
(2)講演会 14:30~16:00
『未来から考える「今」の課題の解決』
講師:蟹江憲史氏

今週末はハンドインハンド募金

今週末はハンドインハンド募金が行われます。
県内十数か所で、高校生を中心に募金活動を行います。
みんな張り切って声掛けを行います。暖かいご支援をお願いします。

ちょっとだけハンドインハンドのことをお知らせします。
(詳しい情報は、日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください)
今年のテーマは
「すべての子どもに5歳の誕生日を」です。
5歳の誕生日を迎えることなく命を落とす子どもは年間540万人と言われています。
以下、皆様の募金でできることです。
例えば
◆100円で……免疫力をつけて感染症や失明を防ぐ ビタミンA 100人分
◆1000円で……子どもの栄養不良を改善するペースト状の 栄養補助食 30袋
◆3000円で……はしかから子どもを守るための 予防接種ワクチン 87回分
※ご寄付の金額は任意です。    ※輸送や配布のための費用は含まれておりません。
※1 米ドル=112円で計算(少数点以下切り上げ)

«  | ホーム |  »

プロフィール

熊本県ユニセフ

Author:熊本県ユニセフ
熊本県ユニセフ協会は,熊本県でユニセフ協力のネットワークを広げていくための活動拠点として公益財団法人日本ユニセフ協会と協力協定を結んだ県内で唯一の組織です。
-----------------------
事務局
〒862-0949 熊本市中央区国府1丁目11-2 
サンアイ水前寺ビル 3F 
TEL:096-362-5757 
FAX:096-362-5758
http://www1.odn.ne.jp/
unicef-kumamoto/
※事務局には月・水・木・金曜日
10時~14時に係が在室

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR